Home » 未分類 » 語学力を生かしたグローバルな転職のやり方

語学力を生かしたグローバルな転職のやり方

ちょっとくらい雑でも実践的な語学力

グローバル化が叫ばれる今のご時世で、転職先を日本国内だけに絞るのは得策ではありません。世界に目を向ければ様々な国に様々な仕事があり、例えば発展のめざましいアジアの国など、きちんとコミュニケーションさえできれば大きなビジネスの可能性が広がっています。そこで必要なのは細かい文法のしきたりを守った教科書通りの英語ではなく、言いたいことを端的に伝えるコミュニケーションツールとしての英語です。実践的であれば、多少は雑な文章でも実は大丈夫なのです。

専門知識を兼ね備えた語学力

語学というのは意思疎通の手段として最低限必須なものですが、それだけで転職を勝ち取るのは少し難しくなってきています。英語の必要性を理解して語学力をきたえた日本人がどんどん増えはじめているからです。そんな中、専門性のある語学力を持つ人に企業の注目が集まっています。専門的知識があっても、それを伝える語学力がなければ海外では話になりません。専門知識や業務知識に基づいた語学力があることで他者に一歩でも先んじた職が得られるのです。

第二外国語の必要性の高まり

もし仮に日本国内で語学力を生かした仕事をするのであれば、実は英語よりも中国語や韓国語のほうが重宝されるようになりつつあります。それだけ中国や韓国からの人々の流入が激しいからですが、さらに海外でも中国の存在感が強くなってきているため、英語よりも中国語ができたほうがアピールしやすい仕事が多くなっているのです。ここでは読み書きよりも意思疎通のできる会話力が求められます。逆にいえば、それさえあれば未経験でもチャンスはあるのです。

営業の転職サイトには日本全国の求人が掲載されており就職の支援も充実しているので活用してみると良いでしょう。

最近のコメント