Home » 未分類 » 一度取得すると、ずっと使えるのが保育士の資格です

一度取得すると、ずっと使えるのが保育士の資格です

保育士になるには、国家試験に合格する必要があります

小さな子供が好きな人にとって、保育士というのはいい仕事の一つだといわれています。しかし、責任感に加えて幅広い専門知識が必要とされていることから、専門教育を受ける必要があります。一般の人が保育士になるには国家試験に合格する必要があります。この国家試験の難易度はかなり高く、合格率は平均で10%から15%程度だそうです。しかも、受験科目が多いため、まんべんなく勉強することが求められます。したがって王道はなく、地道に勉強するほかありません。基本的に試験問題は、受験用に作成されているテキストの範囲内から出題されるので、各科目をしっかり勉強すると同時に、過去3年間の出題問題を徹底的に攻めることも有効だといわれています。全部で9科目(実質的には8科目)ある試験のすべてにおいて6割以上の点数を取らないと合格しません。一年目で6科目合格した場合、落とした2科目については翌年に繰り越すことができる一部科目免除制度もあります。また、筆記試験の後、実技試験があります。3科目の中から2科目選んで受験しますが、一日で2科目とも合格する必要があります。

他にも、保育士の資格を取る方法があります

保育士になるには、他にも方法があります。厚生労働省が認める4年制大学に通い、保育士養成課程の単位を取得したうえで卒業すれば、自動的に保育士の資格を取得できます。この課程では、専門性の高い児童心理学や幼児教育に関する高度な教育を受けることができます。大学によってカリキュラムの内容が違うので、自分に合ったところを選ぶことができます。海外への留学を通して外国での幼児教育に触れたり、幼稚園、小学校の教員資格を同時に取得できるなど、大学によってその教育内容は異なるようです。4年間しっかり勉強することで幅広い知識を得られるメリットはあります。

短大や専門学校を卒業しても大丈夫です

もう少し短期間で保育士の資格を取る方法として、2年制または3年制の短期大学と専門学校があります。短期大学の場合、保育科あるいは幼児教育科で必要な単位の履修が求められます。4年制大学に比べ、期間が短いので学ぶ内容はより凝縮されているといえるようです。ただし、大学と同様、卒業と同時に資格を取得できます。短期大学の教育の特徴は、大学よりもやや実技教育が多いことかもしれません。知識教育と実技教育がバランスよく配分されているようです。一方、文部科学省、厚生労働省が指定している専門学校でも必要な科目の履修を終えて卒業すると保育士の資格を取得できます。専門学校の特徴は、即戦力の養成をめざした、より実践に即した教育に力を入れている点だといわれています。このように、保育士資格を取得する方法には、いくつかあります。自分に合った方法を選び、目標に向かって努力することが重要でしょう。

保育士の求人を東京で探す目的は多くの保育園があるため選択肢が多く、自分に適した職場を選びやすくやりがいを感じて働ける環境を選びやすいためです。

最近のコメント