Home » 未分類 » 介護する側も、される側にとっても、納得できる生き方を考えませんか?

介護する側も、される側にとっても、納得できる生き方を考えませんか?

介護とは誰にとっても身近なもの!

人が生きている以上、誰もが避けられない現象として、「老い」の問題があります。誰もが年齢を重ねれば体力が衰え、身体の機能の低下が生じます。また、健康面についても、様々な疾患にかかる可能性は、加齢とともに高くなります。物事を判断する能力や、把握する能力も低下し、認知症状も出現するかもしれません。日本は現在、超高齢化社会と言われており、今後も65歳以上の高齢者といわれる世代の人口に占める割合が多くなると言われています。そうした状況の中で、誰もが介護と無関係と言えない時代となっています。

実際の介護って何を行うの?

介護と言っても、その内容は実に様々なものがあります。しかし、おおよそ共通していることは、「日常生活を支える事」と言っても良いでしょう。日常生活の基本となる事は、食事、排泄、更衣などや、歩行などの移動行為や歯磨きや、入浴などの清潔行為があります。介護を受ける側の身体や精神状態によっても、介護方法は異なってきます。ポイントとしては、本人にできる事は何か?、できない事は何か?を把握する事が大切です。本人にできない事は介護してサポートする必要がありますが、できる事までサポートする必要はありません。できる事まで介護すると、その能力が低下ししまう恐れがあるからです。こうした、本人の状況については、医師などから説明があります。また疑問に感じることや、実際介護して困ったことについては、必ず医療者と相談をしましょう。介護することは、体力や、時に大変な忍耐が必要になる事があります。しかし、介護者にとって一番苦痛に感じる事は、介護がいつまで続くのか分からない事への不安だそうです。明確なゴールが分からない事は、精神的にもストレスを感じる事でしょう。

1人で抱え込まない!サポートは有効に活用しよう

介護問題として、介護者の身体的・精神的疲労があります。ニュースでも介護者による虐待の報道を耳にすることがあります。とても悲しいことです。介護で生じる問題は、決して1人で抱えないことが大切です。介護に関わる、福祉制度も多く存在します。ショートステイやデイサービスを利用し、介護者が自由にできる時間を確保することは、とても大切なことです。他にも、訪問サービスなど存在します。例えば訪問介護や訪問入浴サービス、訪問看護などです。第3者が介入してくれることで、相談することができたり、身体的な負担も軽減することができます。また自宅での介護がどうしても困難な場合もあるかもしれません。利用できるサービスがないかどうか、行政機関などで早めに相談しておきましょう。1人でできること、家の中だけでできることには限りがあります。現在色々な福祉制度が存在しているので、そうした制度を十分に活用し、介護する側・される側双方の負担を軽減し、できる限り楽しく生活していきたいものです。

介護に就職をするために必要なことは求められる条件を確かめ、人のために尽くせるように考えて仕事に取り組む考え方です。

最近のコメント