Home » 未分類 » どんな人が保育士に向いている?求人のポイント3つ

どんな人が保育士に向いている?求人のポイント3つ

免許だけじゃダメ!必要なスキルは?

保育士になるためには、何よりも臨機応変に対応する力が必要です。子どもたちには「スケジュール」は通用しません。日々、何が起こるかわかりませんから、何があっても冷静に判断することが重要です。たとえば、雨が降れば散歩には行けませんから、その間の時間どうやって遊ばせるか考えたり、喧嘩をした子供をどうやってなだめるか、などなど、ほとんど思い通りにはいかないと考えてよいでしょう。そんな時でも笑顔をたやさずに、落ち着いて行動しなければなりません。

段取り力を活用しよう!

たとえばごはんづくりの際には、最初にお米を研いで次にこれを作って、最後に温かいものを・・・などと考えるかもしれません。買い物に行っても、今冷蔵庫の中には何があるかな・・・と考えながら購入するものを決めるでしょう。こういった少し先を考えて行動する力、つまり「段取り力」が保育士には必要です。そのため、学校を卒業したての保育士よりも、いったん社会を知った、子育てを経験した保育士へのニーズが大変高まっているのです。

人間関係を攻略するコミュニケーション力が必須!

保育士が相手にするのは子供だけではありません。子どもの保護者、また同僚の保育士、栄養士や調理員、地域住民などとも、コミュニケーションをとります。そのためには、「大人向け」の交渉力も必要になってきます。保育のプロではありますが、いわゆるモンペに対抗できる胆力、女性が中心となる職場でのスルー力だって必要なんです。総じてコミュニケーションを円滑にするためのスキルを磨き、いつでも笑顔で働ける保育士を目指しましょう!

夫婦共働きの家庭が増えています。その影響もあって保育園の数も増えていますが、保育士の数が足りない保育園も沢山あります。そのため保育園の求人を出しているところが沢山あります。

最近のコメント